2)凍結・保存の対象者は成人した女性で、未受精卵子等の採取時の年齢は、40歳以上は推奨できない。また凍結保存した未受精卵子等の使用時の年齢は、45歳以上は推奨できない。 3)本人の同意に基づき、未受精卵子等を凍結・保存することができる。 京野アートクリニックの医師など専門家によるオフィシャルブログです。妊孕性温存について解説しています。その中でも卵子凍結について解説しています。妊孕性温存の手法としては、その効率に課題があるものの、症例数が多く安定した手法として注目されています。 社会的適応による卵子凍結とは?何が問題なのか? 難しい言葉に感じますが、とても簡単で、健康状態の方が卵子凍結を望む場合を指します。 パートナーの不在や仕事の都合など社会的な要因で今すぐに子どもを持つことはできないが、 加齢による影響を考慮して、若いうちに卵子を凍結して 卵子凍結保存を決意したら次はどうする?卵子を凍結保存するまでの流れ. 凍結卵子保存料…2,000円~(数量・保存年数により変動あり) 延長事務手数料…4,000円/回; 保存する卵子の数や保存期間によって、費用が変わる. ④凍結卵子を用いても妊娠率は100%ではない。 ⑤高齢出産のリスク。 凍結卵子を体外受精した場合の妊娠率は? 凍結卵子による妊娠率は、どのようになっているのでしょうか? 凍結卵子での妊娠を望む場合には、「顕微授精」が必須となります。 採取された卵子のうち成熟卵のみが凍結保存可能です。また、成熟卵子でもご年齢により受精率、妊娠率に差があります。

リスクや妊娠率を理解してうえで卵子凍結保存を希望する場合、生理3日目ごろまでに来院し検査をします。その後の流れとしては以下の通りです。 排卵誘発剤の開始

「しかし(まだ情報がないため) 卵子凍結 時の年齢や、いつ、どの卵子を凍結保存したかによる違いはわかっていません」 加えて、興味深い数値も。ドナーが提供した凍結卵子を使用した場合の出産確率は31%であることも判明。 原則、凍結未受精卵の院外持ち出しはできませんが、事情によりご相談は可能です。 3、卵子(未受精卵)凍結による将来の妊娠率. 香川則子が代表を務める東京のプリンセスバンク。女性が子供を産める年齢が気になる方、卵子凍結費用が気になる方はご相談ください。卵子凍結保存で仕事と女性のウミドキを考えましょう。 原疾患治療を担当している主治医の本治療に関する判断・連携が不可欠です。 当院資料などを確認して希望があるとき、担当医と相談してください。希望があっても 適応にならないことがあります。 原疾患の主治医に、卵子・受精卵凍結の希望を伝えます。