pdfのハイパーリンクを貼る方法ハイパーリンクとは、テキストにリンクを貼って、クリックによりリンク先に飛ばす方法です。直接リンク先を表示させないことで全体が見やすく、気になるところだけクリックすれば、必要な資料が見られるというメリットがあります。 PDF化に関しては、パワーポイントのファイルからAdobe PDFとして保存からファイル化しています。 作成されたPDFファイルでリンク設定したアイコン部分を選択しても +マークになるだけでファイルが起動しないようです。 「名前を付けて保存」からPDF形式に変換する方法と、「エクスポート」からPDF形式に変換する方法があります。また、PowerPointを持っていない方でもWeb上のアプリを利用して簡単に変換する方法もご … パワーポイントにpdfのリンクを貼りたい 今回は、パワーポイントにPDFを貼り付ける方法を紹介します! Office 365 2019 2016 2013 パワーポイントのスライドショー実行中に別のスライドに飛ぶとき、また飛んだ先から戻るときには、「ハイパーリンク」を活用するとスムーズです。リンク元の図形や文字をクリックするだけで、別のプレゼンテーションファイルに切り替わります。

パワーポイント(.ppt)をPDFにする際、URLリンクがバグるのを回避する方法URLリンク付きテキストのあるパワーポイントファイル(.ppt / .pptx)やワードファイル(.doc/.docx)を、「印刷」コマンドからPDF化すると、URLのリンクがなくなったり、リンク先URLがおかしくなることがあります。 PowerPoint(パワーポイント)で資料を作成する際、参考にした他のファイルやWebサイトの参照元としてリンクを記載したいことがあります。そのとき、ただの文字だけで掲載せず、参照先に移動して説明したい!そんな時、文字にリンクを埋め込んで 挿入した pdf ファイルをスライド ショーの中で開くためには、その pdf ファイルに動作を割り当てる必要があります。 標準表示で、PDF ファイルのあるスライド上で PDF ファイルのアイコンまたは画像をクリックし、[ 挿入 ] タブの [ リンク ] グループで、[ アクション ] をクリックします。